東京矢印weblogo
東京矢印ホームページ 東京矢印・概要・代表者プロフィール 東京矢印・お仕事・作品 東京矢印・ブログ 東京矢印・連絡先
  フリーペーパートコドコ ジルシ
スペース
スペース
スペース
トコドコ ジルシNo.3 トコドコ ジルシNo.4〜石巻とエコたわし編〜/2014.11.1 発行
スペース

今号では「広尾」を飛び出し、ご縁あって親交のある「石巻」バージョンを作成。
No.3の制作時より親交のある牡鹿半島のおばちゃんらとのエコたわし制作会議の様子や、
編集部が取材した石巻の町を楽しく誌面で紹介しています。
サイズも通常版よりもぐっと大きくタブロイド版を採用し、
「石巻」の魅力を誌面いっぱいに散りばめてあります。
手に取ったみなさんが思わず石巻を旅してみたくなるような、楽しい冊子を目指しました。
今号を置いていただけるスペースがある方、ぜひ読んでみたいという方は、
編集部までお知らせいただければ幸いでございます。

 
→PREVIEW(制作中)
スペース
◎HP:www.tocodoco.com
◎facebook:facebook.com/tocodoco
※広告の募集・掲載はしておりません。
トコドコ ジルシNo.3 トコドコ ジルシNo.3:「あさ」/2013.8.8 発行
スペース
1日のはじまりの「朝」、せっかくだから楽しいほうがイイよねと言うことで、「朝」早くから仕事をしているヒト、「朝」しか食べられないモノ、「朝」だから見られるフウケイなどなど。そんな朝一から笑顔になれるトコがドコにあるのか、みんなの朝を笑顔にするとびっきりの「朝ジルシ」をご紹介します。
 
PREVIEW
スペース
◎HP:www.tocodoco.com
◎facebook:facebook.com/tocodoco
※広告の募集・掲載はしておりません。
トコドコ ジルシNo.2 トコドコ ジルシNo.2:「みやげ」/2012.5.5 発行
スペース
土地の産物じゃなくて「ココロ」や「空想」の世界から生まれるモノだって、オモイが込められたものであれば
「言葉」や「音」「空気」だって「夢」だって「みやげ」になる。 もちろん「品モノ」だって。
そこに伝えたい“オモイ”や、感じた“キモチ”があれば。
その人、ひとり一人がそれぞれの「みやげ」を持って帰る “自分らしいみやげ”がある場所をご紹介します。
 
PREVIEW
スペース
◎HP:www.tocodoco.com
◎facebook:facebook.com/tocodoco
※広告の募集・掲載はしておりません。
トコドコ ジルシNo.2 スペース トコドコ ジルシNo.1:「ベンチ」/2011.10.10 発行
スペース
ベンチは人と人をつなぐとっておきのアイテム。
一人座ってのんびりコーヒーを飲みながらメールを打ったり、二人で寄り添って楽しくおしゃべりしたり、
手作りのお弁当を食べたり。。。人と人が、そして人と街がつながる場所(トコ)。
創刊号ではそんな場所(トコ)が何処(ドコ)にあるか、広尾の街を中心に探してご紹介しています。
 
スペース
PREVIEW
スペース
◎HP:www.tocodoco.com
◎facebook:facebook.com/tocodoco
※広告の募集・掲載はしておりません。
町田東急ツインズ
スペース
トコドコ ジルシNo.2 スペース トコドコ ジルシNo.2 スペース トコドコ ジルシNo.2 スペース TWINS AUTUMN 2013
TWINS SPRING 2014
TWINS AUTUMN 2015
スペース
Client:町田東急ツインズ
スペース
ART Director/Designer:東京矢印
Illustrator:Debbie Powell(デビー・パウエル)
Illustrator:乾 真徳 )
Illustrator:かくたりかこ
スペース
トコドコ ジルシNo.2 スペース トコドコ ジルシNo.2 スペース トコドコ ジルシNo.2 スペース TWINS BAZAR 2012〜
TWINS 5th ANNIVERSARY
TWINS CHRISTMAS 2012
スペース
Client:町田東急ツインズ
スペース
ART Director:清水一(東京矢印)
Director:山本武義(東京矢印)
Designer:ヒヤマデザイン
スペース
トコドコ ジルシNo.2 スペース トコドコ ジルシNo.2 スペース トコドコ ジルシNo.2 スペース TWINS AUTUMN 2010
TWINS AUTUMN 2011
TWINS AUTUMN 2012
スペース
Client:町田東急ツインズ
スペース
ART Director/Designer:清水一(東京矢印)
Director:山本武義(東京矢印)
Photographer:田川友彦
Hairmake/Styling:B★side
スペース
あうるすぽっと
スペース
 
トコドコ ジルシNo.2 スペース TENOHA & STYLE
2016 Leaf Calendar
スペース
環境省より作成・公表されている、日本の絶滅のおそれがある野生生物の種のリスト「レッドリスト」から、絶滅危惧・準絶滅危惧にランクされている植物をモチーフに制作。 毎月その時季の植物を選定して、味わいのあるタッチのイラストレーター・今井未知さんに描き起こしてもらった葉を型抜きした、可愛らしい12枚のカードがカレンダーになっています。 イラストとの相性だけでなく、モチーフの植物とともに環境に目を向けるきっかけになればということで、用紙にはエコ間伐紙を使用しました。  
スペース
Client:TENOHA 代官山
スペース
Design:清水一(東京矢印)
ILLUSTRATOR:今井未知
印刷:東京平版
スペース
トコドコ ジルシNo.2 スペース 千葉県流山市 住民誘致パンフレット
MY GREENE TOWN NAGAREYAMA
スペース
家族が移住を決めるとき、どんなことを想い、描き、考えるのだろう。そんな家族と同じ目線にたち、新しい土地への期待と不安を払拭し、流山市の明確なコンセプトを、より多くの共感を得られるような構成とデザインを心がけました。短い時間ではありましたが、流山市の良いとこ探しは充実した日々でした。  
スペース
Client:流山市
スペース
企画・編集・取材・デザイン:東京矢印
撮影:市来朋久
ILLUSTRATOR:クボマサコ
印刷:東京平版
スペース
トコドコ ジルシNo.2 スペース 広尾散歩通り商店街
HIROO walk
スペース
広尾商店街オフィシャルフリーペーパー『HIROO walk』。商店街で年2回開催されるイベントに合わせて発行。イベントの紹介の他に商店街の今昔物語や、広尾の粋な人やお店を紹介。商店街の方たちがアイデアを出し合い、地元ならではのフットワークで取材を決行。集まった情報たちを、楽しく明るいデザインで仕上げます。トコドコジルシと同じく震災の年から始まり、号を重ねるごとに人気が増し、発行部数も右肩上がりの冊子になりました。春の「大鮪まつり」と秋は「広尾フェア」、約1万人の人出で賑わいます。  
スペース
Client:広尾商店街振興組合
スペース
企画・編集・取材:広尾walk編集部(広尾商店街振興組合)
スペース
デザイン:東京矢印
スペース
トコドコ ジルシNo.2 スペース arobo 広尾
クリスマス マガジン
スペース
広尾商店街『HIROO arobo』のタブロイド誌。特集は「塩」です。世界でいちばん大きなサンゴ礁の島でできた「クリスマス島の塩」や、チベットの岩塩から作られた「バスソル」をご紹介。『クリスマス島のお塩』では同じ広尾にあるビストロのシェフに、クリスマスレシピ考案していただき、「バスソル」では商店街のネイルサロンの方にモニターになっていただいたりと、地域のご協力のもと制作。また表紙では広尾商店街のマップをデザインモチーフにして、『HIROO arobo』の位置を印象づける工夫を。  
スペース
Client:HIROO arobo
スペース
企画・構成・取材・デザイン:東京矢印
印刷:東京平版
協力:ちいさなワインバー「ぺりかん」
スペース
あうるすぽっと
スペース
トコドコ ジルシNo.2 スペース マルイグループ
ダイバーシティブック
「Make The Smile」
スペース
Client:マルイグループ 多様性推進部  
スペース
ART Director:清水一(東京矢印)
Designer:岡聡子/相沢光咲
Illustration:相沢光咲(東京矢印)
撮影:市来朋久
スペース
トコドコ ジルシNo.2 スペース マルイグループ
バレンタインパンフレット
スペース
Client:マルイグループ  
スペース
ART Director:清水一(東京矢印)
Director:山本武義(東京矢印)
Writer:佐藤俊平(東京矢印)
Designer:桐沢裕美/相沢光咲(東京矢印)
撮影:F.V.Lights
スペース
トコドコ ジルシNo.2 スペース マルイグループ
マルイのおせち
スペース
Client:マルイグループ  
スペース
ART Director:清水一(東京矢印)
Director:山本武義(東京矢印)
Writer:佐藤俊平(東京矢印)
Designer:桐沢裕美/岡聡子/相沢光咲(東京矢印)
撮影:F.V.Lights
スペース
あうるすぽっと
スペース
トコドコ ジルシNo.2 スペース トコドコ ジルシNo.2 スペース トコドコ ジルシNo.2 スペース チェーホフフェスティバル 2010
家電のように解り合えない 2011
シェイクスピアフェスティバル 2014
スペース
Client:豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと
スペース
ART Director:清水一(東京矢印)
Director:山本武義(東京矢印)
Designer:ヒヤマデザイン
スペース
トコドコ ジルシNo.2 スペース トコドコ ジルシNo.2 スペース トコドコ ジルシNo.2 スペース チェーホフフェスティバル 2010
家電のように解り合えない 2011
シェイクスピアフェスティバル 2014
スペース
Client:豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと
スペース
ART Director:清水一(東京矢印)
Director:山本武義(東京矢印)
Designer:鈴木雄輔/千木良一充
スペース
トコドコ ジルシNo.2 スペース あうるすぽっと 広報誌
スペース
Client:豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと
スペース
Creative Director:清水一(東京矢印)
ART Director/Copy Writer:山本武義(東京矢印)
Designer:岡聡子(東京矢印)
Copy Writer:佐藤俊平(東京矢印)
Photographer:市来朋久
スペース
東京矢印・季節のお便り
スペース
2016 新年のご挨拶〈赤い下着を贈る〉
スペース
2013 年賀状
スペース

2016年は申年。「申年に赤い下着を贈る」言い伝えが日本の各地であるようです。
中でも、申年に申年の男から贈られる赤い下着を身につけると、下の世話にならずに済むというお話から。
まさに代表の清水が申年の男。実際の赤い下着は遅れませんので、新年のご挨拶を真っ赤な用紙に、パンツのモチーフでのデザインを施してみました。

スペース
2015 暑中お見舞い〈顔抜きパネル式デジタルカレンダーの使い方〉
スペース
2013 年賀状
スペース
2015年、夏。さ、海へ山へお出かけだーーー!
とは、なかなかならないみなさんへ。
観光地などで見かける『顔出しパネル看板』のご自宅用をお届けです。
自撮りをするように構えたら、ビキニちゃんの顔にご自分の顔をはめてください。
これでどこへも行かずに夏の想い出はばっちりです!
スペース
2015 新年のご挨拶〈今年は、お引っ越しカレンダー〉
スペース
2013 年賀状
スペース
2015年、東京矢印は慣れ親しんだ「広尾」から「祐天寺」へお引っ越しします。
設立と同時に越してきた広尾は、海外の方も多くセレブな雰囲気が感じられるとともに、そこここに下町風情を残す街。
他所からぽっと越してきたボクらを温かく迎え入れてくれ、次第に色々なお店と仲良くなり、
そんな触れあいから「トコドコ ジルシ」が生まれ、更に出会いも広がっていきました。
そして瞬く間に6年が過ぎ・・・
いつのまにか手狭になってしまったオフィスを拡張すべく新たなオフィスへと移転することに。
ちょっぴり名残惜しい旅立ちにはなりますが、新天地「祐天寺」での東京矢印にワクワクもしています。
ありがとう「広尾」、よろしく「祐天寺」なのです。
スペース
2014 折り返しお見舞い〈みんな元気でやってまいすカレンダー〉
スペース
2013 年賀状
スペース
東京矢印は『元気でやってますよー』のご挨拶。
スイカ食って、アイスキャンディー食べて、ビール飲んで、昼寝して、
タイムとお茶して、ガーッとお仕事して・・・
2014年の残り半分もどうぞよろしくです。
スペース
2014 年賀状〈幸運の足音カレンダー〉
スペース
2013 年賀状
スペース
馬の蹄を支える「蹄鉄」は、「幸運のお守り」として多くの国で伝えられています。
欧州では蹄鉄を家の戸口や壁に飾って魔除けにしたり、馬が人を踏まないことから交通安全のお守りにとしたり。
日本でも蹄鉄を逆さにした形が巾着のようで、お金が入って来るおまじないとして伝えられています。
そんな幸運のシンボルをシンプルにデザインしました。
スペース
2013 暑中お見舞い〈パラソルカレンダー〉
スペース
2013 年賀状
スペース
夏だ!ビーチだ!パラソルだー!!!( ̄曲 ̄)ノ イエイ
ってことで、ビーチに花咲くパラソルをモチーフにしたカレンダーを作りました。
青、黄色、白。東京矢印定番カラーでとびきりハッピーな夏のお便りです。
そして、切って、貼って、えんぴつに乗せれば、勉強や仕事もはかどる、はかどるぅーーー!
( ̄曲 ̄)ノ イエイ イエイ
スペース
2013 年賀状〈1日1日いただきますカレンダー〉
スペース
2013 年賀状
スペース
ことわざの「蛇は寸にして人を呑む」をコンセプトとし、小さなヘビが1日1日ひるむことなく前進するイメージをポップな色使いでデザイン。
設立4年目のボクらはまだ小さいけれど、少しずつ成長し、新たなステージを目指して大きな頂に向かって進んでゆくイメージ。
ヘビの色に蛍光ピンクを選んだのは、小さくても存在感を感じさせられるように・・・という、アツい思いから。
スペース
2012 暑中お見舞い〈想いでポラロイド〉
スペース
2012 暑中お見舞い
スペース

お遊戯会、プール、公園、土手、軒先…スタッフのみんながまだ子どもだった頃の
夏の想い出の写真をコラージュして1枚のポラロイドに焼き付けた、甘酸っぱい香りのするビジュアルの暑中見舞い。
懐かしいポラロイドカメラ風にカードを引き出して楽しんだ後は、裏面のカレンダーを立てておけるというスグレモノ。
簡単な仕掛けながら、楽しい効果を生み出せた暑中見舞いになりました。

スペース
2012 年賀状〈リバーシブル・カップホルダーカレンダー〉
スペース
2012 年賀状スペース
スペース

表面には龍の鱗をモチーフとしたパターンをあしらい、胴体の一部が切り取られたようなイメージに。
そして裏面には半年分のカレンダー。龍が空を飛ぶ姿と、組み立て式のカップホルダーの湾曲が結びついて形になった年賀状。
見た目にも温かみのある厚めのクラフト紙を選び、シンプルな色使いと併せて、実際に使ってもオシャレに見えるようなツールに。

スペース
2011 暑中お見舞い〈うでカレンダー〉
スペース
2011 暑中お見舞い
スペース

何か楽しい仕掛けのカレンダーを作り出したくて、色々な案を出し合った中からの組合せで完成したのが、
月ごとに腕に巻いて腕時計のように使えるカレンダー。
打ち合わせ中や何か頼まれ事をした時、キョロキョロとカレンダーを探さなくて済む便利(?)なツール。
月ごとにポップなカラーリングと裏面には川柳風のコピーでちょい笑いを。

スペース
2011 年賀状〈食事に出かけてますカレンダー〉
スペース
2011 年賀状
スペース

卯年の年賀状のビジュアルには、やはりうさぎ。そして、うさぎと言えば大きくて長い耳。
型抜きしたその耳を活かしてPCモニターなどに掛けられるようにすることで、カレンダーとして見やすい仕様に。
また、ただ単にかわいいうさぎモチーフのカレンダーというだけでなく、
PCモニターに掛けて「食事に出かけている」メッセージを伝える役割も持たせた、一石二鳥なカレンダー。

スペース
2010 暑中お見舞い〈夏の想いでビーチマットカレンダー〉
スペース
2010 暑中お見舞い
スペース
夏の想い出と言えば海→海と言えば砂浜→砂浜と言えば……ボーダー柄のビーチシート!! というコンセプトで作った暑中見舞い。
本物のビーチシートの素材で作ろうとしたが予算が合わず断念。
とりあえずのボーダー柄と、実際に海やプールにも持っていける濡れても大丈夫なユポ紙で制作。
ビーチで使った後の感じを出すために、手作業でわざわざ一度しわくちゃにし、砂もひとつまみ一緒に封筒に入れるという演出。
スペース
2010 年賀状〈トラトラマルチカレンダー 〉
スペース
2010 年賀状
スペース

トラ柄をモチーフに、スタイリッシュなデザインにしたシンプルな年賀状。
裏面に印刷したカレンダーを、トラ柄単位でカットすることで“しおり”として持ち歩ける仕様に。
カレンダーにプラスして、定規や色々な単位など、何かと役に立つ情報を詰めた1枚にしました。

スペース
                                 
  東京矢印のお仕事一覧は下記よりお問い合わせください。
東京矢印・連絡先

ご利用にあたってリンク